間違ったシャンプーの仕方は危険

シャンプーの選び方:頭皮のケアを目的とした人の場合

年齢を重ねると髪の毛だけではなく、頭皮に関して悩みを抱える方も多くいます。若い頃には艶のある髪の毛を目指して、お洒落に目覚めるという事もありますが、一定の年齢に達すると、抜け毛などの問題が多くなり、やがては頭皮のケアを必要となる場面があります。

 

このケースでは最初に行いたいことはシャンプーの選び方です。シャンプーは多くの種類で髪の毛の質に対して良いとされている成分が含まれています。しかし抜け毛などの対策としては、地肌のケアを優先とさせたものを選ぶ必要があります。地肌に良いとされているものには、例を挙げると自然素材を使用したものがあり、刺激の少ないものがあります。

 

その一方で、育毛に適しているとされている育毛シャンプーというものも存在しています。多くの場合で、フケやかゆみなどを抑制する成分が含まれており、皮脂を常に良好な状態に保つことができるというものです。頭皮のケアを行うためには、毎日の洗髪の他に、育毛剤なども併用することも良い方法です。

 

洗髪後には速やかに頭髪の水分をタオルなどで拭き取り、ドライヤーで乾かすことも必要です。その後は育毛剤を使用して気になる部分に塗布または、スプレーします。

 

さらに地肌をマッサージすることが有効とされていますが、マッサージは育毛剤を浸透させる働きをすることだけではなく、地肌の血行を促進させるために、物理的にも非常に優れたこととなります。全ての方に共通して言えることは、常に地肌も清潔に保つことが何よりです。

シャンプーの行い方

大抵の方が毎日に浴室や洗面台などで、シャンプーを行うことになります。洗髪の方法としては、推奨されるべき内容がいくつかあります。

 

まず、シャンプーの使用方法としては、容器などに記載されている使用方法を十分に把握してから使用することが何より大切なことです。多くの場合で、500円玉程度のシャンプーを手の平に取り、直ぐに頭髪に付けるのではなく、手のひらの上で泡立てることから始めることが良い方法とされています。

 

原液のまま頭皮に付着させると、刺激が強くなりすぎる可能性もあるために、まずは手の平で泡立てることが重要になります。その後は頭髪に泡を付けて洗髪を行いますが、諸説あるなかでも推奨したいことでは、髪の生え際から頭頂付近に向かって洗い上げることです。

 

洗う場合では指の爪で引っ掻くことは注意が必要で、頭皮傷付けてしまわないように、常に指の腹を用いてマッサージを行うように洗い上げることが大切なことです。最初は頭皮の洗浄を意識して行い、次に髪の毛自体を意識して洗います。

 

その後は速やかにシャワーなどを用いて全てのシャンプーを洗い流します。速やかに洗い流すことは重要なことで、刺激の強い成分などが含まれている場合では、頭皮を逆に傷めてしまうことにもなるので重要な項目となります。また、流した際に、流し忘れなどが無いように、入念にシャワーを利用することも必要です。

 

すすぎに関しては頭皮を守るために大切な部分となります。洗髪後にはできるだけ早い時間内に、髪の毛を乾かすことも必要です。