洗いすぎはダメ

洗いすぎはダメ

抜け毛や薄毛で悩む女性が増えています。男性ホルモンが多いと薄毛になりやすいと言われていて、女性が薄毛で悩むのはあまり聞いたことが無いかと思います。しかし、今では病院に薄毛の悩みを抱えてくる女性が多くいるのです。その薄毛となってしまった原因の一つにシャンプーの仕方が正しくないということがあるのです。

 

 

 

頭皮を常に綺麗に保つことが綺麗な髪の毛をキープ出来ると言われていますよね。そのため、頭皮をゴシゴシと綺麗に洗いすぎてしまう人が多くいるのです。髪の毛を洗いすぎてしまうと、頭皮に必要な皮脂の保護膜まで洗い落してしまうのです。毛穴の汚れをしっかりと落とそうとしている人が多く、強く毛穴の汚れをつまみ出すようにシャンプーをする人がいます。

 

 

 

また、爪を立てて毛穴の汚れを出そうとする人もいます。しかし、それでは必要な皮脂までも洗われてしまいますので、頭皮のトラブルを招いてしまうのです。その結果切れ毛が増えてしまったり、抜け毛が増えたりして、それが薄毛になってしまうのです。また、洗いすぎると他にも良くないことが起こります。

 

 

 

頭皮がかぶれてしまうのです。必要以上の洗髪で炎症をおこしてしまうと、抜け毛や薄毛になってしまうのです。それは、髪の毛を支えている頭皮のパワーが炎症によって弱まってしまい、髪の毛がちょっとした外部の刺激で抜けてしまうからなのです。頭皮を常に綺麗にしておくことはとても大切ですが、洗いすぎると薄毛を引き起こしてしまう可能性があるということを覚えておきましょう。