泡立てよう

泡立てよう

皆さん、頭皮を良く濡らしてからシャンプーしていますか?頭皮を充分にぬるま湯やお水で濡らしていないのにも関わらず、いきなりシャンプーをするのは良くないんですよ。乾いた髪の毛にそのまま直接シャンプーを付ける人はいないかと思いますが、充分に髪の毛を濡らしている人は少ないのでしょうか。

 

 

 

少しだけ髪の毛を濡らしてからシャンプーすると言う人が多いのではないかな?と思います。確かに忙しい時に十分に頭皮を濡らすのは面倒くさいことかもしれません。髪の毛を充分に濡らすだけでも、髪の毛の長い人にとっては意外と時間がかかってしまい、ついつい少しだけ濡らしてシャンプーしてしまいがちです。しかし、少し濡らすということは髪の毛に良くないのです。充分に濡らしておかないと、シャンプーの泡立ちが良くないのです。そのため汚れも落ちにくいのです。

 

 

 

髪の毛を洗うという事は、ただ単に泡立てれば良いということではありません。泡立ちを良くするために、頭皮を充分に濡らすのではなく、汚れやほこりをぬるま湯で落とすのです。もちろん泡立てたシャンプーで髪の毛を洗うことは重要です。泡立てないで髪の毛をシャンプーしてしまうと、髪の毛同士がこすれあってしまい、摩擦が大きくなってしまうのです。

 

 

 

ただでさえ、濡れている髪の毛は傷みやすい状態にいるのに、その傷みやすい状態の髪の毛が他の髪の毛とこすれあってしまえば、更に傷んでしまうのです。その摩擦を少しでも小さくするために、しっかりとシャンプーを泡だてることが必要なのです。