シャンプーの行い方:プレシャワーリング

シャンプーの行い方:プレシャワーリング

髪を洗う時は、まず髪を濡らしてからシャンプー剤をつけて洗い始めると言う人が多いかと思います。しかし正しいシャンプーをするには髪を濡らすだけでは不十分なのです。

 

 

 

正しい手順としては、あらかじめブラッシングして髪のからみを取ってから髪にシャワーを当てますが、温度は少し高めの設定で濡らすと言うよりも流す感覚で充分に行います。これを「プレシャワーリング」あるいは「前流し」と言い、時間にして3分位まんべんなく行うことで髪の汚れの70%は落ちると言われています。

 

 

 

美容院で髪を洗ってもらう時、このプレシャワーリングにとても時間をかけているのをサービスのためと思っている人も多いのですが、自分で洗う時にも必要な手順ですし手を抜いては美しい髪を保てないのです。また髪だけでなく頭皮にも汚れがあるので充分シャワーで流し、同時に血行を促進させる役目も果たせます。

 

 

 

次にシャンプー剤をつけて洗うのですが、たくさん使えばより汚れが落ちるわけではなく、髪や頭皮にとって刺激になる場合もあるので量を考えて使わなくてはいけません。プレシャワーリングが充分に行われていれば、汚れがほとんど落ちているのでシャンプー剤は少なくても泡立ちがよく効率よく洗えます。頭皮をマッサージするように丁寧に洗った後はすすぎを十分に行います。

 

 

 

ここで不充分だとフケやかゆみの原因となるので最低でも3分以上シャワーで流すようにします。洗うこともすすぐことも、思ったよりも時間をかけるのが正しいようです。行きつけの美容院でプロのアドバイスを受けるのも参考になるでしょう。