直接シャンプー

直接シャンプー

直接シャンプーを頭皮につけて洗った方が頭皮にシャンプーの原液が届き、良く汚れが落ちるという噂を聞いたことありませんか?もしかしたら既に実践したことがある人も多くいるかもしれません。しかし、頭皮に直接シャンプーをかけて洗うのは良くありません。なぜ頭皮に直接シャンプーをかけて洗うのはいけないのでしょうか?

 

 

 

確かに頭皮にシャンプーが直接届き、頭皮の皮脂が綺麗に流れ落ちるような感じがしますよね。しかし頭皮に直接シャンプーをかけてしまうと、シャンプーの泡が髪の毛全体に行き届かないのです。しかももっと悪い事に、シャンプーの液が頭皮に残ってしまうのです。今ドラッグストアで売られているシャンプーの殆どには、シリコンという成分が含まれています。そのシリコンは髪の毛をサラサラにしてくれる成分でもあり、手触りが良くなるので女性にとっては嬉しい成分なのですが、このシリコンが頭皮の毛穴の中に入ってしまうのです。

 

 

 

そのため、かぶれなどを起こしてしまったりするのです。絶対にシャンプーを直接頭にかけて洗うのはやめるようにしましょう。シャンプーを良く泡立ててから、その泡を頭皮や髪の毛に付けて指の腹の部分で頭皮をマッサージするような感覚で洗って行きましょう。

 

 

 

爪を立てて洗ってしまうと、頭皮を傷つけてしまうので、必ず腹の部分で洗いましょう。ささっと簡単に洗ってしまうと皮脂が十分に落ちませんので、頭全体を指の腹で小さな丸を書くように揉みこむような感じでゆっくり丁寧に洗っていくことがポイントです。