シャンプーの行い方:スカルプマッサージ

シャンプーの行い方:スカルプマッサージ

髪が生えてくる要件としては、頭皮の血行を良くすることであるとよく言われています。その血行を良くする方法としては、頭皮をマッサージすることが求められます。

 

 

 

頭皮と顔の皮膚は繋がっておりますが、手で顔の皮膚は動かすことが出来ますが、頭皮に関しては簡単に動かすことが出来ません。つまり、皮膚を動かすことが出来ないということは、血液の流れが滞留しやすいということとなり、毛を生やすための細胞組織が機動しないことに結びつくわけです。

 

 

 

そのため、シャンプーを行ったときにはスカルプマッサージを併せて行うことはとても良いことだと言われています。日常生活の中でも頭皮を意識する時というのは、ほとんどがシャンプーを行ったときに違いありません。

 

 

 

そのため、シャンプーを行ったときにスカルプマッサージを併せて行うことは、非常に手頃な方法の一つであると言えそうです。その方法としては、簡単ですので是非覚えておきましょう。まず手の指の親指を除く4本の指の腹を使います。

 

 

 

まず耳の上にその4本の指の腹を押し当てて、重力に逆らうように地肌を持ち上げるように行います。その時、一箇所に付き大体5秒ほど持ち上げるような感じで、徐々に頭のてっぺんに目がけて行います。ポイントとしては、頭皮を動かすことを心がけることが大切となります。

 

 

 

そして、今度は前方の生え際から後ろの頭頂部に向かって、同じ様に頭皮を動かしていくことです。これをシャンプーをするときには常に行うようにします。頭皮を動かしていくようにすると、血液の流れがそれだけで良くなりますので、髪の毛が生えやすくなる訳です。