シャンプーの後のお手入れ:洗った髪は優しくタオルドライ!

シャンプーの後のお手入れ:洗った髪は優しくタオルドライ!

シャンプーして髪を洗った後は、ちゃんとしたタオルドライをする事が肝心です。その方法も、基本があるのでちゃんと行う事が肝心です。シャンプーをした後は、髪がとてもデリケートな状態になっています。髪の表面が傷みやすくなっていますから、無理に拭いたりすれば毛髪環境を悪化させる事が出来ます。

 

 

 

髪を拭く時には、水分をきちんと落とします。水滴が無くなるまで、きちんと水分を取り除くのです。その後、乾いたタオルで頭全体を包みます。無理にゴシゴシせずに、包んでタオルの上から軽く全体を手で叩いていきます。指の腹を使い、タオルの上からマッサージをしていきます。
 

 

次に水分が多く溜まった毛先を拭いていきます。毛先を両手で挟んで、パンパンと軽く叩くようにして水分を取ります。タオルを全体的に持って、下から上へゆっくりと優しく動かしながらタオルドライしていきます。力を入れすぎないようにして、爪で頭皮を痛めないようにして優しく動かしていきます。これだけでも、全体的な髪の水分が取れてきます。

 

 

 

髪の毛のキューティクルに添って、タオルを動かしていきます。毛に逆らわないようにして、毛の流れに添って動かすのがコツです。摩擦が起こらないように、タオルを動かします。

 

 

 

タオルは、出来れば頭よりも大きいサイズの物を使います。ゴシゴシと滑らすのは駄目で、摩擦が起こらないようにして用心しながら拭きます。ゴシゴシと擦れば、キューティクルを剥がしてしまう事になり、かえって髪を傷めてしまいます。時間を少しかけて、丁寧に行うのがコツです。